月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2014年1月号(第11巻第1号)
The Lawyers A4変形判 98ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから


新年特別インタビュー

● 企業を危うくする新興国での贈賄行為その脅威と対処法 ●
国広総合法律事務所 國廣正弁護士に聞く

● ベトナム等アセアン諸国の法整備支援に関わって ●
弁護士法人松尾綜合法律事務所 小杉丈夫弁護士に聞く

● 「民暴対応」の金看板を掲げ50年反社勢力事件の今昔を語る ●
弁護士法人宮崎綜合法律事務所 板東秀明氏に聞く


特 集
「ウソ」をつかない経営のために

内部通報を「カイゼン」の一環として活用すべし
その機能をうまく働かせるには
牛島総合法律事務所 牛島信

企業の社会的役割を果たすべく長期にわたり存続し
そのために労働者を大切にする経営を
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 嘉納英樹

どういう企業が社会から信頼され、長く繁栄するのか
「徳」と「得」の両立を企業は考えるべき
中本総合法律事務所 倉橋忍

不祥事報道がされた場合に「ウソをつかない経営」を訴える難しさ
前田尚一法律事務所 前田尚一

「ブラック企業」と言われないために
保健師と精神障害者とシングルマザーを戦力化すべし
牛島総合法律事務所 小島健一

反社会勢力との関係を切るのは経営陣トップの覚悟と行動
これがなければどのような体制を構築しようとムダ
東京丸の内法律事務所 舟串信寛

従業員を犯罪者にしない
法律を整備しても違法行為をなすのは人である
堂島パーク法律事務所 村井勝則

好 評 連 載

随想 「甘え」が日本を滅ぼす
 金子博人法律事務所 金子博人
 第48回
  自民党の改正草案検証(その6)
  日本のジャーナリズムに戦争を防ぐ力はない

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、ジャビエール・ラモス
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、木村秀二
 ※今号で取り上げた判例はこちら

随想 海外からの遠眼鏡
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第83回
  TPPは本当に日本人の幸福に資するのか
  自動車以上に気になるのは医療特許の問題

アメリカン・プリンシプル
 クイン・エマニュエル外国法事務弁護士事務所
         ライアン・ゴールドスティン

 第43回
  
米国発明法AIAに基づくPTOによる初めての決定は
  ビジネスモデル特許を無効にしたもの


随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島信
 
第108回
  林望氏の「減蓄の弁」に「老い」を思う
  10年後今の自分がどんなに若かったと思うことか

英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院教授 浜辺陽一郎
 第170回
  表明保証条項〈各論〉(その17)
  知的財産権に関する表明保証(上)


北京ロースクールレポート偏東風
 桃尾・松尾・難波法律事務所 松尾剛行
 第4回
  国際文化祭と大学の国際化


随想 テスティモニー
 桃尾・松尾・難波法律事務所 松尾眞
 第78回
  中国について考える その8
  隣国を嫌いにならない方法は?


書評


早わかり中国特許
 河野特許事務所 河野英仁
 第32回
  
中国特許民事訴訟の基礎

本誌の購読をご希望の方コチラ