月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2012年3月号(第9巻第3号)
The Lawyers A4変形判 92ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから

特 集
弁護士によるアジア諸国のビジネス環境概観

− インド −
競争は激しいが魅力的な投資先。思い切った投資をすることが成功の鍵
小島国際法律事務所 小川浩賢 赤塚洋信

インドネシア
拡大する消費マーケットとインフラ整備促進が経済発展の追い風に
長島・大野・常松法律事務所 月岡崇


− 韓 国 −
世界で最も日本に近似した法体系・法制度を有する国
労働・労使関係、知的財産権関係には特に配慮が必要
弁護士法人キャスト 洪太圭

− シンガポール −
アジアの金融ハブとしての地位を確立
アジアの仲裁センター化進めるシンガポール政府
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 花田さおり 砂田有史


− タ イ −
アセアン地域における重要拠点としてのタイ
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 十市崇

− 台 湾 −
中国にビジネスを展開する際のパートナー・ゲートウェイとして引き続き要注目
弁護士法人キャスト 鈴木幹太


− 中 国 −
今年は10年に一度の指導者交代の年を迎える「政治の年」
めまぐるしい変化を見せる投資環境
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 若林耕

− ベトナム −
日本企業にとって「チャイナプラスワン」の生産拠点としての重要性が非常に高い国
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 武藤司郎


− ロシア −
信頼性を欠く司法・行政手続と蔓延する公務員の不正や汚職
希薄な法令遵守意識はWTO加盟を契機に変わるか
弁護士 楠 啓太郎

緊急提言
ハーグ条約による不利益を防ぐために国際家事調停による友好的解決と面会交流の支援を
小原法律特許事務所 小原 望
特別連載
米国知財訴訟専門弁護士による米国知財訴訟における勝訴の秘訣
第2回 最近10年間における米国特許実務:変遷のポイント
DLAパイパー法律事務所 マーク・F・ラドクリフ/ヘンリー幸田

好 評 連 載

随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島 信
 
第87回 村田良平氏の日米関係に関する三つの葛藤
     日本の官僚の「反米」マグマ?

早わかり中国特許
 河野特許事務所 河野英仁
 第11回 
外観設計特許の類否判断事例および実用性

闘う法務マン
 第2回 音楽ビジネスはスピードが命。
 ユニバーサル ミュージック合同会社
 A&R法務部次長 酒寄尚美さん

ローヤーが書いた本

随想 アメリカン・プリンシプル
 クイン・エマニュエル法律事務所 ライアン・ゴールドスティン
 第22回 337条調査における外国の営業秘密盗用について
     連邦巡回控訴裁判所がITCに管轄を認める判断

随想 「甘え」が日本を滅ぼす
 金子博人法律事務所 金子博人
 第27回 45歳定年と70歳定年、そして女性の管理職

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、ウィリアム・J・マクナマラ
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、木村秀二
 ※今号で取り上げた判例はこちら

随想 海外からの遠眼鏡
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第63回 度し難い原発再稼働を認めようとする愚かさに
     国民に苦労を押し付けてまで守るべきものは何なのか

ザ・サクセスフル・ローヤー
 森・濱田松本法律事務所 内田晴康弁護士
 第4回 国内事務所にアメリカ流の渉外業務を持ち込み
     森・濱田松本の四大事務所入りに貢献

本誌の購読をご希望の方コチラ