月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2011年7月号(第8巻第7号)
The Lawyers A4変形判 96ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから

特集1
日中法務問題・中国からの視点

上海における労働組合の設立実務及びその諸問題
大成律師事務所上海事務所 蔡 昶
(監修:弁護士法人三宅法律事務所 西堀祐也)

ストライキ発生の原因と対策
キャスト法律事務所・外国法共同事業 範 国輝


日中企業間の販売店・代理店取引における法的紛争処理
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 屠 錦寧(監修:中川裕茂)

=ケーススタディ=
合弁契約の解消をめぐる商業秘密侵害の案件
ペプシコーラ対天府コーラの紛争における問題点
長島・大野・常松法律事務所 柳 陽(監修:森口 聡)


「債務逃れ」をする債務者からの確実な債権回収法とは
北京市金杜法律事務所 劉新宇/金杜外国法事務弁護士事務所 田暉

 近年の模倣品被害の特徴と取締法規の整備及び対策
品質向上、ネット販売の氾濫などで模倣品問題も新たな時代に
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 陳 鳳琴(監修:笠原智恵)


増加する合弁会社の設立と各種紛争の防止及び解決策
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 李 加弟(監修:中川裕茂)

特集2
外国出願で問われる特許事務所の実力
本誌が選んだ外国出願に強い特許事務所
特別寄稿
特許取得の本当の価値は何なのか
特許はトレーディング・カードではない
クイン・エマニュエル外国法事務弁護士事務所
ウエイン・アレキサンダー

好 評 連 載

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、ジャビエール・ラモス
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、木村秀二
 ※今号で取り上げた判例はこちら

中国ビジネス・ローの最新実務Q&A
 黒田法律事務所 黒田健二、竹田昌史
 第123回 日本企業の中国における事業再編(3)
      −現地法人間の合併−

随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島 信
 
第79回 国の独立と個人の独立はどうかかわるのか
     日本は米国から独立しているのか、個人はどうか

早わかり中国特許特許の基礎と最新情報
 河野特許事務所 河野英仁
 第3回 特許を受けることができる発明

随想 海外からの遠眼鏡 このおかしな日本の風景
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第55回 独裁者菅直人をやめさせることのできない現行憲法。旧憲
 法下の戦前の方が民主的だったのかという皮肉

随想 テスティモニー
 日比谷パーク法律事務所 久保利英明
 第50回 新しいタイプの法曹の誕生−改革審議会意見書から10年

弁護士とゴルフ−ボビー・ジョーンズへの憧憬ー
 小原法律特許事務所 小原 望
 第11回 ボビー・ジョーンズとビジネス

英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院教授 浜辺陽一郎
 第142回 競業避止条項(その17)競業避止義務のための解釈条項

随想「甘え」が日本を滅ぼすどうすれば強い日本を作れるのか
 金子博人法律事務所 金子博人
 第19回 日本のリーダーの不思議。
     なぜ国民と同じ方向を向かないのか

随想トップ・リティゲーターによるアメリカン・プリンシプル
 クイン・エマニュエル法律事務所 ライアン・ゴールドスティン
 第14回 スポーツの契約における日米の違い(ボクシング編)

本誌の購読をご希望の方コチラ
過去の掲載内容
(準備中)
2009年1月号の内容へ 2010年1月号の内容へ 2011年1月号の内容へ
2009年2月号の内容へ 2010年2月号の内容へ 2011年2月号の内容へ
2009年3月号の内容へ 2010年3月号の内容へ 2011年3月号の内容へ
2009年4月号の内容へ 2010年4月号の内容へ 2011年4月号の内容へ
2009年5月号の内容へ 2010年5月号の内容へ 2011年5月号の内容へ
2009年6月号の内容へ 2010年6月号の内容へ 2011年6月号の内容へ
2009年7月号の内容へ 2010年7月号の内容へ
2009年8月号の内容へ 2010年8月号の内容へ
2009年9月号の内容へ 2010年9月号の内容へ
2009年10月号の内容へ 2010年10月号の内容へ
2009年11月号の内容へ 2010年11月号の内容へ
2009年12月号の内容へ 2010年12月号の内容へ